日々

【棚 屋】《AISA TAKAHASHI》
イラストレーターの あいさ さんが、キャンバス イラスト “Apple Juice” と、自身の手で刷った 帆布箱袋や巾着袋を、届けてくれました。

#前橋市 #敷島公園 #フリッツアートセンター #棚屋 #絵本みたいな場所
...

【きょうの本棚】
『だれが いちばん? がんばれ、ヘルマン!』
作 イヴォンヌ・ヤハテンベルフ 訳・野坂悦子(講談社)

ヘルマンは、だるまさんみたいに ころころした、くろい ぶたです。
のんびり ばちゃばちゃ、いちにちじゅう どろの おふろで くらしています。

どろんこの ことは なんでも おまかせ、ヘルマンが いちばん。
だれかと くらべなくたって、ヘルマンが さいこうなんです。….

theplace1985.com

フリッツ・アートセンター
休館・火曜日(祭日の場合はその翌日)   
11:00-18:00(時間短縮中)
TEL : 027-235-8989
※ 入館時には必ず、マスクの着用、手指の消毒をお願いいたします。

#前橋市 #敷島公園 #フリッツアートセンター #絵本みたいな場所
...

【the place COFFEE】今日の小屋主・ロースターは。《AIDIA COFFEE》さん。日曜日は〈HIRAKU〉さん、です。

《開館前の一枚》Joan La Barbara “Reluctant Gypsy” 1980
はじまりはシェーンベルク「月に憑かれたピエロ」。70年代の終わり、声で音楽の領域を拡げようとする革新者たちに夢中だったころ。
キャシー・バーベリアンにジュリー・ティペッツにジュリア・ヘイワードにメレディス・モンクに土取利行に …。
中でも、途切れない長音と多重発声、小鳥の囀りのようなハイピッチな唱法が大好きだった ジョアン・ラ バーバラ。
一枚なら、1980年。ニューヨークの小さなホールでライブを観たときにのアルバム。
一曲なら ジョン・ケージの “Singing Though”。1990年の最高傑作だと思うのに、絶対廃盤になると思って、カナダ盤を二枚買ってある。


theplace1985.com

#前橋市 #敷島公園 #フリッツアートセンター #コーヒースタンド #絵本みたいな場所

まさかの サティ“Je te veux ”に、初めて聴いた時、嬉しくて、美しくて 泣き出した想い出。
》》 https://youtu.be/SsvdTc2NTSs
...

【きょうの本棚】
『まってて、まってて!』
 フランソワ・ポンポン 谷川俊太郎(小学館)

 よるでもみえるよ、
 きみのかお。

 とおくにいるともだち、
 においでわかる。

 そらからの
 おとしものが、
 みつからない。 

 そらのそうじが
 まだだから、
 とぶのまってる。….


theplace1985.com

フリッツ・アートセンター
休館・火曜日(祭日の場合はその翌日)   
11:00-18:00(時間短縮中)
TEL : 027-235-8989
※ 入館時には必ず、マスクの着用、手指の消毒をお願いいたします。

#前橋市 #敷島公園 #フリッツアートセンター #絵本みたいな場所
...

【告知解禁】『ほんやねこ』石川えりこ 絵本原画展

ピノキオ ラプンツェル シンデレラ ……
ほんやねこ と あなた しか 知らない、ないしょの冒険。

石川えりこさんの 新たなる 代表作の登場に。
急遽。開催の決定です!

会 期 ‖ 2021年10月30日(土) - 11月23日(火・祝)
    11:00-18:00(時短中)
会 場 ‖ フリッツ・アートセンター / ギャラリー
休館日 ‖ 火曜日(祭日の場合はその翌日)
後 援 ‖ 前橋市・前橋市教育委員会・各報道機関
◯『ほんやねこ』(講談社刊・2021. 10)

作家プロフィール ‖
石川えりこ
福岡県生まれ。
著書に『ボタ山であそんだころ』(第46回講談社出版文化賞絵本賞・台湾 Openbook最佳童書 2017 受賞)『しぶがき ほしがき あまいかき』(ともに福音館書店)『流木のいえ』(小学館)『かんけり』(アリス館)『こくん』(村中李衣・文 / 童心社)『あららのはたけ』(村中李衣・文 / 偕成社 / 第35回坪田譲治文学賞受賞)など多数。読売新聞連載小説「ばあさんは15才」(阿川佐和子・文)の絵を担当、中央公論社より書籍化された。


フリッツ・アートセンター
 〒371-0036 群馬県前橋市敷島町240-28(敷島公園内)
 TEL : 027-235-8989
 E-mail : Info@theplace1985.com
 WEB : theplace1985.com

#前橋市 #敷島公園 #フリッツアートセンター #ギャラリー #絵本原画展 #石川えりこ #講談社 #絵本みたいな場所
...

【きょうの本棚】
『ほんやねこ』
 石川えりこ(講談社)

ほんやのねこは
さいごの ちいさなおきゃくさまを おみおくりしたら
きょうは はやめに みせじまい。

にしかぜが すこし つよいけれど
ゆうがたのひざしは あたたかく
「いい さんぽびよりだ」
いそいそと エプロンを はずして でかけましたので、
まどを 1かしょ しめわすれてしまいました。….



theplace1985.com

フリッツ・アートセンター
休館・火曜日(祭日の場合はその翌日)   
11:00-18:00(時間短縮中)
TEL : 027-235-8989
※ 入館時には必ず、マスクの着用、手指の消毒をお願いいたします。

#前橋市 #敷島公園 #フリッツアートセンター #絵本みたいな場所
...

【撤収中】『ごちそう たべに きてください』しもかわらゆみ 絵本原画展

いつものように。100通以上になる 作家さんへ綴られた手紙の整理しながら(泣いています)。

【お知らせ】
10月19日(火)20日(水)21(木)
は、撤収・設営のため、休館となります。
ギャラリーの、次回展示の告知解禁は 10月22日12時です。
どうぞ、どうぞ。お楽しみに!


#前橋市 #敷島公園 #フリッツアートセンター #ギャラリー #絵本みたいな場所
...

【きょうの本棚】
『BLUENO ブルーノ』
SEKAI NO OWARI : Fukase(福音館書店)

TARKUS タルカス

タルカスは、ブルーノという平和な王国の
シルバと呼ばれる小さな村に住んでいました。

タルカスにはピヂーという
大切な大切なひとり娘がいました。

この村には子どもが少なく、
ピヂーは村のみんなから愛されていました。

ぜいたくではないけれど、
幸せにくらしていました。….



theplace1985.com

フリッツ・アートセンター
休館・火曜日(祭日の場合はその翌日)   
11:00-18:00(時間短縮中)
TEL : 027-235-8989
※ 入館時には必ず、マスクの着用、手指の消毒をお願いいたします。

#前橋市 #敷島公園 #フリッツアートセンター #絵本みたいな場所
...

【for the place】
「ちょっと やってもいいですか」と風のなか。『ごちそう たべに きてください』の、朗読とパフォーマンスがはじまるほど自由だ。
絵本屋と薪窯のパン屋とコーヒースタンドがある庭の、どんぐりの木の下で。

#前橋市 #敷島公園 #フリッツアートセンター #公園のおはなし会 #絵本みたいな場所
...

【きょうの本棚】
『ひよこは にげます』
 五味太郎(福音館書店)

 ひよこが にげます

 みんなで にげます

 げんきに にげます

 すこしやすんで また にげます ….



theplace1985.com

フリッツ・アートセンター
休館・火曜日(祭日の場合はその翌日)   
11:00-18:00(時間短縮中)
TEL : 027-235-8989
※ 入館時には必ず、マスクの着用、手指の消毒をお願いいたします。

#前橋市 #敷島公園 #フリッツアートセンター #絵本みたいな場所
...

【今日の 毎日新聞】
義父の 中村紀雄が、毎日新聞 地域面に二年に渡り連載を続けた『よみがえる田中正造 / 死の川に抗して』が、連載 48回目の今日、最終回を迎えた。
暗くなるころに 就寝。23時ころに起き出しての 執筆。朝早くの水行から、腕立てと懸垂をこなしてランニングへ。そして、田中正造ゆかりの地や人に会いに出かけ、また 本来の仕事に戻るという毎日。
これは、手がけた数々の連載「シベリア抑留」「楫取元彦」「ハンセン病」などの時も同じで、まさにこの人こそが「抗う人」と、その後ろ姿を見て 何度思ったことだろう。
もうすぐ 81歳。11月3日には群馬マラソンに参加すると言うが。少しだけ落ち着いたら、またゆっくり、次の「夢」を聞かせてください。

ひとまず。連載 お疲れさまでした。

#中村紀雄 #田中正造 #毎日新聞 #お疲れさまでした
...

【the place COFFEE】今日の小屋主・ロースターは、上野村から《yotacco》さん。
オススメのコーヒーは、上野村の楢の炭火で焙煎した、中浅煎の エチオピア・イルガチェフェと、深煎の インドネシア・ジャワの 二種類。
〈よたっこの畑〉からは、自家栽培・不施肥・無農薬、とれたての「白インゲン」に「あわばた大豆」に「キタアカリ」….。
どうぞ、どうぞ。『ごちそう たべに きてください』。


theplace1985.com

#前橋市 #敷島公園 #フリッツアートセンター #コーヒースタンド #絵本みたいな場所
...

【きょうの本棚】
『チリンでんしゃ』
 文・大原悦子 絵・村田エミコ(福音館書店)

 きょうは だいすきな おばあちゃんと
 どうぶつえんに いくよ。

 おべんとうに すいとう
 おかしも もった。
 キリンさんや ゾウさんに
 あえるよね。

 きゅうこうでんしゃに のって
 さあ しゅっぱつ!….



theplace1985.com

フリッツ・アートセンター
休館・火曜日(祭日の場合はその翌日)   
11:00-18:00(時間短縮中)
TEL : 027-235-8989
※ 入館時には必ず、マスクの着用、手指の消毒をお願いいたします。

#前橋市 #敷島公園 #フリッツアートセンター #絵本みたいな場所
...

【『ごちそう たべに きてください』しもかわらゆみ 絵本原画展】日曜日まで🐰

【the place COFFEE】週末の 小屋主・ロースターは。
金曜 HIRAKU さん。土曜 yotacco さん。日曜 MoYA さん☕️

【公園のおはなし会】日曜 13:30 から。どんぐりの木の下で。
出演は。ドロップス+ケースケ🌳

どうぞ、どうぞ。敷島の森へ「ごちそう たべに きてください」🍇🍠🍐

theplace1985.com

#前橋市 #敷島公園 #フリッツアートセンター #ギャラリー #絵本原画展 #講談社 #絵本みたいな場
...

【きょうの本棚】
『3人のパパと 3っのはなたば』
作 クク・チスン 訳 斎藤真理子(ブロンズ新社)

08:00
きょうも ながい いちにちが はじまりました。
タンタン建設の キム課長は まんいんバスで かいしゃに むかいます。

OK宅配の キム運転手の トラックは もう にもつでいっぱい。
トゥントゥン小児科の キム先生は みちがこむので いらいらいらいら。

きのうと おなじ いそがしい あさです。
キム運転手が トゥントゥン小児科のまえに とうちゃく。….



theplace1985.com

フリッツ・アートセンター
休館・火曜日(祭日の場合はその翌日)   
11:00-18:00(時間短縮中)
TEL : 027-235-8989
※ 入館時には必ず、マスクの着用、手指の消毒をお願いいたします。

#前橋市 #敷島公園 #フリッツアートセンター #絵本みたいな場所
...

【きょうの本棚】
『うさぎのマリーの フルーツパーラー』
作・小手鞠るい え・永田 萠(講談社)

「きょうは、はやめに、お店をしめたほうがいいわね」
 まどの外に広がっている空と、空をながれてゆく雲を見て、マリーさんは、ひとりごとをつぶやきました。
 空の色は、青みがかったグレイ。
 強い風がふいているのでしょう。
 雲のしっぽがちぎれて、海をおよぐ魚のように見えます。
 お日さまのすがたは、どこにもありません。
 お昼なのに、夕方のようです。

 ここは、うさぎのマリーのフルーツパーラー。….



theplace1985.com

フリッツ・アートセンター
休館・火曜日(祭日の場合はその翌日)   
11:00-18:00(時間短縮中)
TEL : 027-235-8989
※ 入館時には必ず、マスクの着用、手指の消毒をお願いいたします。

#前橋市 #敷島公園 #フリッツアートセンター #絵本みたいな場所
...

【棚 屋】マニアッカーズデザイン
《ぽくぽくのいえ》に 新しい仲間が増えました。『ぽくぽくのたのしいくらし』シリーズ 10枚の、はじめの5枚。
『さんぽ』『しゅうかく』『つくる』『たべる』『ねむる』。
どうぞ、どうぞ。会いに来てください。

#前橋市 #フリッツアートセンター #棚屋 #ManiackersDesign #絵本みたいな場所
...

【きょうの本棚】
『ちいさな メリーゴーランド』
作 マーシャ・ブラウン 訳 こみやゆう(瑞雲社)

ここは、ニューヨークの サリバン・ストリートです。とても きもちの よい ごごでした。アンソニーは、まどから とおりを ながめていました。
したには、ディマルコさんの しょくりょうひんてんが あります。
しまがらの ひよけが かぜに はためいていました。….


theplace1985.com

フリッツ・アートセンター
休館・火曜日(祭日の場合はその翌日)   
11:00-18:00(時間短縮中)
TEL : 027-235-8989
※ 入館時には必ず、マスクの着用、手指の消毒をお願いいたします。

#前橋市 #敷島公園 #フリッツアートセンター #絵本みたいな場所
...

「みごとなお骨でございました」….
柳家小三治さんが亡くなった。150歳まで生きて「どう?面白いですか?私の噺?」って言うはずだったのに、突然の訃報が残念で仕方ない。
ずっと続けている 柳家小三治監修、野村たかあき絵本原画展、延期が続いた 柳家小もん落語会の再開もそろそろと思っていたのに。
どうぞ穏やかにおやすみください。

#前橋市 #フリッツアートセンター #柳家小三治 #絵本みたいな場所
...

【きょうの本棚】
『キツネ』
文 マーガレット・ワイルド 絵 ロン・ブルックス 訳 寺岡襄(BL出版)

 焼けたばかりの森をのがれて、
一ぴきのイヌが、まだ熱い灰をけたてて走ってくる。
口いっぱいに、そっとやさしく、鳥をくわえて。
川べの岩崎かげにある、ねぐらのほら穴までやってくると、
やけどをした羽の手当てをしようと、鳥をおろした。….



theplace1985.com

フリッツ・アートセンター
休館・火曜日(祭日の場合はその翌日)   
11:00-18:00(時間短縮中)
TEL : 027-235-8989
※ 入館時には必ず、マスクの着用、手指の消毒をお願いいたします。

#前橋市 #敷島公園 #フリッツアートセンター #絵本みたいな場所
...

ものがたり

1985年「カフェ」 1993年「本屋」 2009年「映画館」 2014年「the place」
そして 2019年〈絵本みたいな場所〉へ

〈絵本みたいな場所〉という物語は、1985年の “カフェ RITZ" からはじまります。
大きな公園の森のなかの、石でできた四角いおとこの建物です。
30種類のオムレツとキッシュと庭の結婚式が評判のカフェでした。
しばらくして、ひとりぼっちだった RITZ にパートナーができます。
すぐとなり、百年の杉の木の下の、赤くてまるいおんなの子の建物で、
RITZ に女性の「F」をつけて "F-ritz art center" と名づけることにしました。1993年のことです。
その時の《1+1=1》というコンセプトは、より多くとか、より早くとか、より高くということではなく、
変らぬ毎日の営みのなかで、すこしずつ円周を拡げていこうとするものです。
そう、ひとつの水滴にもうひとつの水滴を置いていくかのように …。

『絵本屋』『タンタン・ボックス 前橋店』『ポスター・ボックス』
『美容室』LE SALON、『家具屋』RETRO BOX .....。

「クリスチャン・ボルタンスキー展」と「くまのプーさん絵本原画展」をオープニングにしたギャラリーでは、
数多くの新たな表現が生まれています。
《賢治の全童話を絵本に》と始められた「宮沢賢治絵本原画展」も、第十三期30作目になります。
同時に《街を 街そのものを美術館に 劇場に》を合い言葉に、街にも出かけて行くようになります。
家具店跡をギャラリーに、スーパーマーケット跡を劇場に、商店街の通りをサーカス会場に、
百貨店跡をパフォーマンス・スペースに、アーケード内を映画館に、県庁前広場をキャンプ場に、
銀行跡をライヴ会場に、消防署跡をアートセンターに ...。
空き地で子どもたちが新しい遊びを発明するように、使いかたを工夫しながら、
アートによって空間を再生していこうとする、壊しては作るという時代への抵抗の始まりです。
2009年には空きデパートの中の映画館跡を再生。
地方では珍しい名画座として「シネマまえばし」を開館します。
これは《1回 一万人というイベントではなく 毎日30人1年で一万人を 街に》というコンセプトで、
失われつつある「日常性」と「つながりあう気持ち」をゆっくりと恢復していこうとするものです。

そして、フリッツ・アートセンターは 今。
成長に代わるまったく新しい豊かさのあり方を見つけるために、
35年かけて創った小さな物語と、そこから生まれた価値観を見直し、
未来から今を思い描き、変化を恐れずに、また動いて行こうと思います。
考え過ぎると厄介なことになると知っていて、何を見ても無感覚でいなくてはならないような時代に生きて。
たとえ小さくても、ここからだけしかできない「確かなこと」と「生きやすい」場所への鍛え直し。
主流や時流や大きな力に、抗うことでも、拠ることでもなく、
ただ『絵本みたいな場所』という新しい眺めをつくってみること。

《絵本みたいな場所》

絵本作家・ミロコマチコさんが、シンガー・あがた森魚さんの宮沢賢治朗読で、ライブペインティングした15個の本棚。
フランスから10トンもあるパン窯を運んで建った〈公園の薪窯パン屋〉の開店。前庭にたくさんの子どもたちと植えた〈百年のモミの木〉と、地面そのものを〈花花の椅子〉にするために育てるクレピア ....。
日替わりで若いロースターが淹れる〈コーヒースタンド〉のセルフビルド。中庭に、若い人たちと掘る、小鳥たちのための〈そらの井戸〉と、檸檬の苗木をたくさん植え造る〈果樹園〉。
そして、絵本作家・荒井良二さんと、共に紡ぎ始める「願いが叶う庭」、〈カナウニワ〉の国の物語。

『カナウニワ』

この場所はきっといつかの夏の日。薪窯で焼けたばかりのライ麦パンと、井戸水と獲れたばかりの檸檬を絞ったレモネードと、古い古いお話の絵本を抱えた子どもたちが、50メートルにもなるモミの木の下で、近くの森での遊びの相談をしているわけで。

そんな木陰を 今からつくっておきたい。

あまりにもきれいな夕焼けに立ち止まってみること。
あまりにも美味しいいつもの水に驚いてみること。
そして、それを誰かに伝えようとする気持ち。
あたらしいひと。あたらしい世界。あたらしい幸福。
街の喧噪の、森の静寂の中、遠くを旅するより、近くを冒険するひとのために。
大好きだと言えるひとのために。その笑顔のために。
そして、
子どもたちの 子どもたちの 子どもたちのために。

フリッツ・アートセンター